名古屋市港区の名港葬儀より葬儀の流れをご案内します
ホーム > 葬儀の流れ

葬儀の流れ

 身内の方にご不幸のあった場合に必要となる葬儀の主な手続きを、ご遺族のすべきことを中心に時系列にご紹介します。 葬儀の形式や手続きは、亡くなった場所、宗教・宗旨・宗派、居住地域などによって違ってきます。
 ここでは、最も多いケースを想定しました。 すなわち、病院で死亡し、葬儀社に遺体の搬送以下のサポートを依頼し、ひとまず自宅にご遺体を安置した後、斎場で仏教形式の葬儀(お通夜・葬儀・告別式)を営むケースです。
 流れの一つひとつに、「ご遺族が行うこと」「葬儀社に任せられること」の区別をわかりやすくするため、それぞれのマークを表示しております。

ご遺族が行うこと
葬儀社に任せられること

1.病院で(ご逝去)

臨終を宣告されたら末期の水をとり、親族などへ連絡します
退院手続きをし、死亡診断書を受け取ります
葬儀社に寝台車を依頼します

2.自宅で(葬儀の手配)

ご遺体を安置します(弊社が枕飾りを設置いたします)
喪主を決めます
住職の予定を確認します
葬儀社と相談し、斎場や葬儀の日程を決めます
関係者に訃報連絡をします
死亡届を出し、火葬許可証を受け取ります
会葬礼状を手配します
決定した日取りを再度住職に連絡します
料理の手配をします

親族や親族以外の関係者と打ち合わせをし、
葬儀内容を決めます

祭壇の供花・供物、花環を手配します
弔辞の依頼をします
死亡広告の手配をします
遺影にする写真を選びます
式服を用意します
費用を用意します
ご遺体を棺に納めます

3.斎場で(お通夜・葬儀・告別式)

お通夜・葬儀・告別式の準備をし、席順を決めます
供花・供物、花環の順番を決めます
お通夜・葬儀・告別式の進行を決めます
お通夜を行い、通夜ぶるまいをします
火葬の参列を依頼します
葬儀告別式を行います
最後のお別れをし、出棺します

4.火葬場で

荼毘に付します
収骨します

5.自宅(斎場)に戻って

ご遺骨とともに帰宅します
精進落しをします
葬儀の事務を引き継ぎます

6.葬儀後にすること

挨拶回りをします
費用を精算します
戸籍謄本などを取り寄せておきます
仏壇を購入します
四十九日の法要をし、位牌を安置します
香典返しをします
お墓を決めます
遺品・形見の整理をします
納骨します