名古屋市港区の名港葬儀より葬儀に関するワンポイントです
ホーム > 葬儀ワンポイント

葬儀ワンポイント

病院以外でご逝去されたとき

 自宅でご逝去されたときには、掛かりつけの医師に連絡を取り、死亡を確認していただき、「死亡診断書」を書いてもらいます。 また、事故死のときには、警察に連絡をし、死亡を確認してもらい、「死体検案書」を書いてもらいます。

自宅にご遺体を迎える準備

 急なご逝去の場合はご遺体を迎える自宅の準備ができていません。
 そこでご遺族はタクシーなどで病院から寝台車より一足先に帰宅し、ご遺体を安置する部屋を片づけ、安置する布団や着物(新しい浴衣など)を用意しておく必要があります。

菩提寺がない場合

 菩提寺がない場合は一般に葬儀社に紹介された寺院に頼んで仏教形式で葬儀を行うか、無宗教形式で行うかになります。無宗教葬は花祭壇やオリジナルの祭壇を設け、読経の代わりに音楽を演奏したりします。

病院以外でご逝去されたとき

 自宅でご逝去されたときには、掛かりつけの医師に連絡を取り、死亡を確認していただき、「死亡診断書」を書いてもらいます。 また、事故死のときには、警察に連絡をし、死亡を確認してもらい、「死体検案書」を書いてもらいます。

葬儀日程の決め方

 通常は、ご逝去された日の翌日に通夜、翌々日が葬儀・告別式という日程が多いようですが、日柄や、僧侶などの都合、火葬場の予約状況を確認する必要もあります。なお、火葬場は友引や年末年姶にかけて休みのところが多いようです。

遺影にする写真

 顔が正面を向いてはっきり写っている写真を選び、葬儀社に渡します。遺影写真は何人かで写っているものでも、フィルムでもプリントでも、白黒でもカラーでもかまいません。現像や画像の加工などに時間がかかるので、早めに2〜3枚、候補写真を渡します。

斎場へ移動する前に

 斎場へ移動する前に自宅へ届いた弔電や、香典、火葬許可書、心付けなどの特ち物を確認し、亡くなられた方に持たせたいもの(タバコや本、洋服など)を準備します。また、ご自宅の留守中の対応の仕方も確認しておきましょう。

葬儀のマナー
喪主挨拶

 喪主挨拶はメモを用意しておくとよいでしょう。順序としては、本日のご会葬のお礼、生前のお礼、遺族への支援のお願い、再びお礼となるのが一般的です。

火葬場で
密葬

 親族や近親者だけで葬儀を行うことをいいます。後で本葬を行う場合、地域によっては火葬をしてから葬儀を行うこともあります。

自宅での精進落しの準備

 自宅で精進落しを行う場合は、出棺の後、自宅に残った世話人やお手伝いの方が、後飾り祭壇や精進落しの準備を行います。 「後飾り祭壇」とは、遺骨を安置する祭壇で、机などを白布で覆い、その上に焼香台、生花、燭台などを置きます。火葬場から戻られた遺骨、位牌、遺影をここに安置します。 精進落しの料理や飲み物の準備は、仕出し店を利用することが多く、事前に葬儀社に頼んでメニューを用意し注文しておきます。

精進落し

 精進落しの席では、僧侶やお世話になった方々を上座にすえ、喪主やご遺族は労をねぎらう立埴ですので末席に座ります。喪主は、葬儀が無事に済んだことに対してお礼の言葉を述べ、接待の役にあたります。1時間ほどを目処に喪主もしくは親族代表が挨拶に立ち、これでお開きとします。

香典返し

 香典返しは、葬儀当日か葬儀後に行います(地域などにより異なります)。葬儀後に香典返しをする場合は、忌明け前後に行うことが多く、お返しの品にお礼状を添えます。また、お返しの品の目安としては、いただいた香典金額の1/2〜1/3程度が多いようです。

墓地の選び方

 墓地には、寺院の墓地のほかに、都や市の公営墓地や民営の墓地などがあります。公営の墓地は、各霊園によって募集の条件や募集時期が異なります。また、毎年募集を行っていない霊園もあります。予算や交通の便なども考慮して選定しましょう。

年忌法要

 亡くなられてから一年目に一周忌を営み、その翌年満二年目に三回忌を営みます。七回忌(満六年目)、十三回忌(満十二年目)、十七回忌(満十六年目)、三十三回忌(満三十二年目)、五十回忌(満四十九年目)と続き、回を追うごとに簡略化されます。