名古屋市港区の名港葬儀の会社案内です
ホーム > 会社案内

会社案内

ごあいさつ

今、葬送儀式が大きく変革しつつあります。 少子高齢化問題そして将来的なリスクが伴うかも知れない社会動態。
その余波を大きく受けて近年の「家族葬」が急激に加速しております。
また、本来あるべき宗教の希薄化が進み、お葬式の価値感も個々により大きく変わりつつあります。
しかし、親から子へ繋ぐ「命のバトン」を軽視すべきではないと名港葬儀は考えており、次世代の子供さんにも「命の大切さ」を知るべきお葬式に携わって頂きたいと願っております。
一生に数回しか携わらない儀式だからこそ知らなくても恥ずかしくはありません。
私たちが貴方のそばで真心込めてお世話をさせていただきます。

社是

社是

人の想いは十人十色。
その人に相応しい最高のおもてなしと想いを汲み取り具現化できるよう努めます。

企業理念・行動目標

社是

お客様は紳士淑女であり、私たちも紳士淑女の精神で接遇に臨みます。
(お客様の品位を維持するためには、私たちも同等の品位をもたなければならない)

会社概要

会社名 株式会社 名港葬儀
所在地

〒455-0014
愛知県名古屋市港区港楽三丁目13番17号
TEL:052-653-1885  FAX:052-651-5353

設立年月

創業/昭和6年
株式会社 名港葬儀花店/昭和40年7月
株式会社 名港葬儀/平成23年8月

代表者 草野 信也
資本金 1,000万
従業員数 5人
業種 サービス業(葬祭業)
営業内容

・御葬儀手配全般、壇飾付一式
・御供花供物
・搬送、霊柩車等の手配
・貸し衣裳及び貸し布団等
・司会式進行
・仕出し手配
・仏壇仏具、墓一式等の紹介斡旋
ペット葬事業部「ありがとう」
・各種イベント設営 等

取引銀行 三菱東京UFJ銀行、愛知銀行、名古屋銀行

会社沿革

創業:

昭和6年
港区港本町にて開業
昭和20年
戦火により店舗焼失(屋号がんや名港葬儀店)移転し現住所に至る

設立:

昭和40年
7月22日 株式会社名港葬儀花店に改名
昭和52年
4月 善光寺幼稚園閉鎖と伴に一部改良
貧しい人の為に善光寺奉安堂を開業
(名古屋第一号の斎場といわれる)
昭和55年
8月 新社屋改築(本社ビル)
昭和58年
10月4日 社長 平野銀次郎 死去
10月5日 新社長 平野紀子 選任
昭和60年
善光寺 奉安堂 新築
平成7年
2月23日 奉安堂 当知を開設
平成9年
4月6日 奉安堂 宝神を開設
平成11年
4月2日 善光寺 奉安堂を新築
平成14年
12月9日 社長 平野紀子 死去
12月28日 新社長 平野徹哉 就任
平成21年
7月 家族葬専用ホール/サロン 築地庵 新設
平成21年
9月 宝神斎場 奉安堂 をリニューアルオープン
平成21年
11月 善光寺 奉安堂 をリニューアルオープン
平成23年
8月 家族葬部門を強化すべく、株式会社名港葬儀を設立。代表取締役 草野信也 就任。
令和3年
6月 墓地管理/清掃事業部いのり 開設。

SDGsへの取り組み

葬祭業である自社SDGsについて

持続可能な開発目標とは国連の持続可能な開発のための国際目標であり、17のグローバル目標と169のターゲットからなる。SDGsとは、これらの英語の頭文字と最後のスペルをとったものである。

葬儀社の中でも、もう既に17項目のうち、自社で取り組むことができる目標を掲げています。ホームページや名刺などに掲載して社会的貢献度を実施していることをアピールします。

すべての人に健康と福祉を

自社の取り組み
地域とともに歩む弊社では、少子高齢社会である現状を踏
まえ、終活老いじまいを通じて死を見つめることで、健全
な今を生きる心豊かで充実した生活をサポートします。

質の高い教育をみんなに

自社の取り組み
葬祭業である弊社は、非日常にあるご葬送を通じて「命の
大切さ」や「命の尊厳」を次世代に繋げることで心豊かな
徳育を深めるサポートを致します。

働きがいも経済成長も

自社の取り組み
葬祭業である弊社は、ご葬送において「心が伴う、寄り添
う感動葬儀」を掲げ、社員共育を通じて理念共有を行うこ
とで資質を高め企業生産性と効率性の向上を図り、地域社
会に還元いたします。

住み続けられるまちづくりを

自社の取り組み
地域とともに歩む弊社では、地域活性や地域防犯、交通
ルールを遵守し、安心安全で住みやすい街づくりに積極的
に取り組みます。

つくる責任つかう責任

自社の取り組み
ご葬送に使用される石油製品から植物製品への転換を行い、食品ロスやゴミの分別に取り組んでいます。

パートナーシップで目標を達成しよう

自社の取り組み
ご葬送は、葬儀社だけで行うことが出来ません。関連する
協力企業が共に一つのお葬式を築き上げていくものです。
私たちは協力し合い、共存共栄の目標を掲げています。